アドネットワーク業界

「アドネットワーク」とは

アドネットワークとは、広告主とメディア(媒体)をつなげる事業です。アドネットワークを活用することで、広告主は多数のWEBメディアの広告枠に、一度の入稿で広告配信が可能になります。

アドネットワークの歴史

日本でアドネットワークが始まったのは1990年代後半でした。「メディアレップ」と呼ばれる業種に属する広告会社が最初に手がけました。

登場して間もないインターネットの「WEBメディア」をサポートするという視点から始めました。当初は単体でのインターネット広告は規模的にもコスト的にも商品化が困難でした。

どう広告配信を事業化するか。それが大きな課題となりました。その解決策として、アドネットワークが登場しました。

アドネットワークを運営する会社は、カテゴリーごとに複数のWEBサイトを束ねました。「車」「金融」「旅行」などの分類です。これによって効率的に広告スペースを確保しました。それらの広告枠をパッケージ化して販売しました。

「行動ターゲティング広告」

2000年代後半に転換期が訪れました。「行動ターゲティング広告」が普及し始めたのです。

行動ターゲティング広告とは、ユーザーの行動履歴をもとに、ターゲットを絞って広告を配信する方式です。

広告主は、それまで広告枠という「面」に対して広告を出稿していました。しかし、行動ターゲティング広告では、「人」に着目して広告を出します。人の行動をもとに、ターゲットを絞り、広告を表示させるのです。

行動ターゲティングを行うためには、一つの媒体だけで行動履歴を追いかけても効果が出ません。そこで、アドネットワークが活用されました。

再訪を促す「リターゲティング」

さらに「リターゲティング」という方式も、アドネットワークに採用されました。

リターゲティングとは、特定のWEBサイトを訪れたことのあるユーザーに対して、再び広告を表示する方式です。リターゲティングを専門とする会社も登場しました。

スマホの登場とインフィード広告

その後、スマホ(スマートフォン)が普及したことで、ターゲティング技術はさらに進歩しました。当初は、スマホの広告はパソコンよりも単価が低く設定されました。

記事と記事の間に挟む広告

それを打開するため、インフィード広告が登場しました。インフィード広告は、ニュースサイトなどで記事と記事の間に挟み込まれる広告です。

読者の属性に合わせた広告を表示させます。これにより、単価の高くなりました。その一方で、「記事と広告(宣伝)の区別がつきにくい」という批判も出ました。

Yahoo(ヤフー)のニュースサイトも、2015年5月にインフィード広告を始めました。

スナップアップ投資顧問の過去の推奨株の評判

■ アイモバイル(2020年9月推奨)

業種 インターネット広告
推奨時点の株価
(推奨日の始値)
880円
(2020年9月8日)
推奨後の高値 1,354円
(2020年9月24日)
上昇倍率 1.5倍
現在の株価 こちら→
市場 東証1部
(2016年10月、東証マザーズ上場)

アイモバイルとは

アイモバイルは、インターネット広告の会社。インターネット広告の「アドネットワーク」を主力事業としている。

アイモバイルは、広告掲載可能なウェブサイトを集約し、広告枠をネットワーク化している。広告主はアイモバイルに原稿を預けるだけで複数のウェブサイトに出稿できる。提携するサイト数は数万件にのぼる。広告クライアント数は1000社以上。

クリック課金型サービスを導入している。広告がクリックされた際に広告主に費用が発生する仕組み。同様にメディアも広告報酬が発生する。また、インフィード型広告を得意としている。

このほか、資料請求や会員登録などの広告の具体的な効果が発生した時に広告費が発生する「アフィリエイト広告」(成果報酬型広告)も提供している。

モバイル広告に強い

会社名に「モバイル」と付いている通り、スマホやアプリなどのなどのモバイル広告に強いのが特徴だ。モバイルに着目したインターネット広告の先駆的な存在として知られる。

2007年8月の設立。創業当初から、フィーチャーフォン(通話に加えてカメラやメール送受信などいくつかの機能を持つ携帯電話)向けの広告サービスを開始した。2年後にはフィーチャーフォン向けで国内最大級の広告配信規模になった。2011年5月にスマホ向けの広告サービスを開始した。

アプリ内の動画広告

2015年に動画広告サービスに参入した。スマートフォンのアプリ内で動画の広告を配信するサービスを日本で初めて開発した。「maio(マイオ)」という名前をつけた。

マイオは立ち上げからわずか1年で2,700を超えるアプリに導入。動画再生回数が2億を超え、スマホ向け動画広告で国内最大級規模へと急成長を遂げた。

ゲームアプリにも導入

2017年、スクウェア・エニックスのゲームアプリ『グリムノーツ』への動画広告の独占配信を開始した。ゲーム利用者が動画広告を視聴すると、ゲームのアイテムを入手できる仕組みにした。

さらに、2015年8月には、広告枠の入札と広告配信を瞬時に行う「DSP」事業を開始した。

ふるさと納税専門サイト

2014年、広告とは別の事業として、ふるさと納税専門サイト「ふるなび」を立ち上げた。

2017年、松坂牛の肥育先で有名な三重県明和町など全国5つの自治体と提携した。自治体に寄付をすると、地域の特産品を提供する飲食店で使えるポイントがもらえる仕組みを採用した。

創業者・田中俊彦氏

アイモバイルの創業者は田中俊彦氏。1979年2月生まれ。2007年8月、アイモバイルを設立。2016年10月、東証マザーズに上場した。